f77e7eb0.jpg

特別にキッズ英語は開講します!

おはようございます。
今週の土曜日は第五土曜日ですが特別にキッズ英語は開講します!
なかなか参加してくれているお友達が全員揃う日がありませんが、今週は賑やかなクラスになりそうです(*^^*)
こちらのクラス、本当にわずかではありますがまだ残席があります。
ご希望の方は是非お知らせ下さい。
f77e7eb0.jpg

英語が話せる人🔤≠国際人🗺️

朝晩の風が秋らしくなり青空も高く感じるようになってきました。

今日はしばらく記事にしようかずっと迷って考えていた事について書こうと思います。

先日、未就学の子供たちが集まる場所に、外国人のお父さんと日本人のお母さんを持つ子が遊びに来ていました。

そこへ一人の男の子が近づいて、その子に向かって「日本人じゃない子が来た。」と大きな声で言ったのです。
それからその男の子はその子の外国人のお父さんに英語で話しかけていました。

それを見ていた私は何とも言えない気持ちになりました。

また今度は、赤ちゃんを連れたお母さんが先程の子を見て「外人じゃん!」と何度も口にしたのです。その子は日本語を話し普通にお母さんとも他の子供たちともコミュニケーションをとっていたのに…。

更に驚いたのはそのお母さんが赤ちゃんに英語を聞かせて早期教育をしていると話されていたのです。

どちらも言葉のチョイスが少し違っていて大した意味はないのかもしれません。

ただ気をつけたいのは、子どもは幼少期は特に親の考えや思想をそのまま信じて受け止めてしまうという事です。そして子どもの頃に身につけた考えを変えるには相当の時間や経験が必要になります。

せっかくグローバル化には欠かせない英語に親しむ環境を子どもに作ってあげていても、国際感覚に逆行するような考えを身につけさせてしまったら必ず将来歪みが出て来てしまいます。

これ以上書くと私自身も正解が分かっていないのに私個人の意見の押し付けになりかねないので今日はこれだけにします。

皆さんのお子さんやご家族がこんな言葉を口にされた時どんなお話をされますか??

そんなことを考えたり話したりする場所にもBabyBloomがなれたら嬉しいです。

さあ土曜日はキッズ英語スタートです🎉🎉🎉
常設という事でじっくり時間をかけて色々なテーマに取り組んでいきたいと思います!
今月は簡単な自己紹介フレーズからスタートします

f77e7eb0.jpg

9月16日スタートの予定

8月もとうとう終わってしまいましたね。何だかホッとしたような寂しいような…。
キッズ英語も水曜日が最後のクラスでした。最終週の土曜日に参加してくれた5人のお友達とも、水曜日に参加してくれた5人のお友達とも一緒にワイワイ総復習をしました✨
一人ひとりが声を出して、時には助け合って答えてくれる姿がとっても嬉しかったです。

そこで、BabyBloomでは、キッズ英語のクラスを常設にしたいと思います🎉🎉🎉

9月16日スタートの予定です!

常設クラスは料金や予約など体系が少し変わります。

✔️毎週土曜日 午前9:30 – 10:30

✔️料金: 1か月4レッスンで3000円もしくは1レッスン850円からお選びいただけます。
※9月については1か月払いを選択の方は16日、23日の2回で1500円です。

✔️予約: 前日までに要予約。

今回は1クラスのみ開講予定です。先着順で定員になり次第締め切らせていただきます。
ご注意ください。

お問い合わせ、お申し込みお待ちしております🌈

f77e7eb0.jpg

🌻サマー英語クラス🌻

おはようございます。
久しぶりの投稿になってしまいました。皆さまどんなお盆休みを過ごされたでしょうか?

今週は普段のクラスはお休み、キッズ英語のお子さまたちも帰省などでお休みだったのでキッズ英語も土曜日のクラスを除いてお休みでした

さてキッズ英語クラスのテーマは第一週のcolorsに続いて第二週はnumbersでした

Hello songからスタートし、自己紹介の歌もみんなで聞いてみました♪

続いて色を復習。みんなとってもよく覚えていてくれてビックリしました

そしてnumbers
みんな知っている数字を口々に教えてくれて皆で繰り返し練習しました。

数字を使ったキーワードゲームをしたり、紙に数字を真似て書きながら口で言ってみたり、みんなとても元気に参加してくれました

明日からの第三週はDo you like〜?を使って遊びたいと思っています✨
好きなモノ、好きなコト、私たちにたくさん教えてくださいね〜

f77e7eb0.jpg

台風

本日のキッズサマークラスは台風のためお休みします。宜しくお願い致します。

f77e7eb0.jpg

Summer class スタート!

 

おはようございます。台風が近づいていますね🌪️🌪️

自然のものの動きは不規則で予測し辛い動きですので視覚や聴覚への刺激もタップリです。

こんな日はおうちで安全を確保してお子さんと一緒に揺れる草木🍃🌳🌿を眺めてたり風🌪️雨🌧️の音を聞いたり雲の動き☁️を目で追ってみたりして色々な会話をしてみるのもお子さまにはいい刺激になります。

まだ言葉を話さない赤ちゃん🍼でも目で見てお母さんの声をしっかり聞いているのでたくさんお話できるといいです。

さて、先週土曜日にBabyBloom夏休み特別企画のキッズ英語クラスが始まりました!
嬉しいことに初回は満席!!🈵とっても賑やかなクラスになりました🎉🎉
はじまりのハローソングは一生懸命真似をして歌ってくれました🎤
今回のテーマはColors(red, blue, yellow, purple, green, brown, black, white, and pink)
単語を何回かリピートした後は色探しやカードを使ってのゲーム🎲

みんな大きな声で単語をたくさん口にして遊んでくれました😆
そして凄い!と思ったのが、コチラは何も言っていないのに皆が何度も各々口にだして発音を試しては言い直しを繰り返していたのです。子どもの耳の良さを実感することができました🔊

この日の絵本📖は、Brown bear brown bear, what do you see?でした。

この本は同じフレーズが何度も出てくるので覚えやすくてオススメです!

この日初めてこの本を聞いた5歳の女の子はその後自分で読みたいと練習し繰り返し出てくるフレーズは覚えてしまいました!

最後はグッバイソング。歌い終わるとOne more time!の声。3回歌って終了しました。

子どもたちからたくさん元気をもらえて凄く幸せな気分でした😍

サマークラスまだまだ続きます。まだ空席のあるクラスもたくさんあります!

1回だけの参加も大歓迎ですのでご興味がお有りでしたらぜひご連絡ください🎶

クラスの様子を動画でご紹介します。

f77e7eb0.jpg

🌱怒らないために🌻

今日は前回の続きで怒らず叱ることについて。

まずは「怒る」と「叱る」の根本的な違いとは、
  • 「怒る」とは、感情の赴くまま、不満を爆発させること。つまり怒り手の感情を外に爆発させること。
  • 「叱る」とは、「良い方向へ導こう」という指導の意味があり、相手によりよい方法を教示すること。

似ているようですが「怒る」の意味はネガティブ、「叱る」の意味はポジティブな印象を受けます。

子どもの正すべき行動に対して親が声をあげてガミガミと感情的に怒ると、その場の雰囲気が険悪になったり、怒られているという事実に動揺し子どもが親の言葉の中身を聞かなくなるのはもちろんですが、悪影響はその場だけではありません。

1.子どもの自己肯定感や自己効力感を低下させてしまう

2.親からその感情的な対処法を学んでしまう

という害も出てきます。とくに2は、その子どもの人間関係にまで影響を及ぼす可能性が大です。

例えば、

  • 親が大声で怒鳴ると、子どもは「そうか、困ったときはパパとママみたいに怒鳴ればいいんだ」
  • 親が叩くと、子どもは「そうか、困ったときはパパとママみたいに叩けばいいんだ」

と学び、子どもは自身のお友だちとの関わり方に応用してしまいます。

子どもを叱る場面というのは、親の問題解決能力を披露する場だと思ってお手本になる対処法を示してあげられるよう行動しなければならないという親にとってはとっても過酷な場面でもあるんです😫

ここでBabyBloomが参考にしている叱るについてのルールをご紹介します。

❎叱るときのNGルール❎

1.以前のことまで持ち出す:「いつもいつもダメなんだから」「毎回毎回同じことを言われて!」

2.叱る範囲をあれもこれもと広げる:「何をやらせても中途半端」「何も聞いていないじゃない!」

3.その子どもの人格までを否定する:「ダメな子ね」「なんて悪い子なの!」

 

⭕叱るための大切なルール⭕

1.今のことだけを叱る:「いまの言い方はよくないよ」「いま物を投げたことがよくないよ」

2.目の前のことだけを叱る:「床に投げたゴミをゴミ箱に捨てなさい」

3.その子どもの”行動だけ”を叱る:「あなたが今した”こと”、それは良くないことだよ。」

子どもはよく親が注意しなければならない行動をします。

その行動自体は悪いことかもしれません。だからといってその子が悪い子ではありません。

「いまの」「目の前の」「行動だけ」を叱る叱り方なら、子どもの自己肯定感を傷つけることなく、伝えたいことをしっかりと伝えることができます。これまた言葉にするのは簡単ですが実践して成功するのはとっても難しい…。

ただ、大声で怒鳴っても自分の怒りの感情が盛り上がって無駄に疲れてしまうし、恐怖心から余計子どもが聞いてくれなくなるし、後からの後悔がより大きくなるし…

良い事がないので自分のためにもこのルールを思い出し、声を荒らげず低い声でしっかり目を見てゆっくり話すようには心がけています。

BabyBloomではしっかり実践していきますが、我が子への叱ることの難しさ、まだまだ直す所ばかりの私です…。皆さんはどんな風に対処されているでしょうか??ぜひ教えていただきたいです。

こんなお話もBabyBloomを通して皆さんと共有出来たらいいなと思っています💐💐💐

 

 

f77e7eb0.jpg

🌪️怒らず叱ること🌞Yelling and hitting are NOT discipline.

BabyBloomを始めるにあたり自身の子育ても含め最も気をつけようと思ったこと、それは楽しくない話(注意など)をしなければならない時の子どもたちに対する向き合い方です。

私は学生時代から怒りの感情との付き合い方について悩んだり考えたり周りの人に倣ってみたりしてきました。一度はコントロール出来る!と思った怒りですが子どもが二人になるとまたまた湧き出る湧き出る…。

ここでもう一度この負の感情に向き合ってみることにしました。

そして今気をつけていること、それは…

怒ると叱るを混同しないことです。

言葉ではたった一文で簡単そうですが、なんせ自分がイライラして感情的になっている時にしなければならないことなので実行するのが本当に大変!!

具体的に行っていることは次回の記事でお話ししたいと思います。

 

今日も沢山笑いあえる1日でありますように🌠