🐚Silent period沈黙期🐚

 

今週末は一宮の七夕まつり🌌をはじめ大小さまざまなお祭りがあり、お子さまのキラキラした表情が沢山見られそうですね✨

さて今日のトピックです🌞これは、言語学者や第二言語指導者の間で認められている言語習得の初期段階の現象で、第一言語でも多く見られます。特に子どもの場合、一定の間その子は質問や会話の理解に集中し、YES /NO,OKのような簡単な返事以外応答をしない時期があります。この期間が沈黙期間silent periodと呼ばれています。

この期間の子どもは、ほとんど自発的に会話や応答をしません。

昨日お話した女の子はこの時期なのかもしれません。

この期間にももちろん個人差があり、長い場合は一般的な長さの2倍必要な場合もあります。
しかし、そういった子はその後の発話が質の高い場合もあり、沈黙期間が長いことが一概に言語能力の発達が遅れていることを示すわけではありません。

周りの大人はこのような現象も認識し、長い目で余裕を持って、学習を見守ることが大切です。
学ぶのは周りではなくお子さま本人なのです。

インプットしたものがすぐにアウトプットするとは限りません。
言葉の吸収は人によりペースやスピードが全く違います。
大切なのはあせらせて、ストレスや嫌悪感を起こさせてしまうことがないようにしてあげることだと思います🌈

堅い話になってしまいましたが今日も沢山笑いあえる1日でありますように🌠