英語が話せる人🔤≠国際人🗺️ …

英語が話せる人🔤≠国際人🗺️

朝晩の風が秋らしくなり青空も高く感じるようになってきました。

今日はしばらく記事にしようかずっと迷って考えていた事について書こうと思います。

先日、未就学の子供たちが集まる場所に、外国人のお父さんと日本人のお母さんを持つ子が遊びに来ていました。

そこへ一人の男の子が近づいて、その子に向かって「日本人じゃない子が来た。」と大きな声で言ったのです。
それからその男の子はその子の外国人のお父さんに英語で話しかけていました。

それを見ていた私は何とも言えない気持ちになりました。

また今度は、赤ちゃんを連れたお母さんが先程の子を見て「外人じゃん!」と何度も口にしたのです。その子は日本語を話し普通にお母さんとも他の子供たちともコミュニケーションをとっていたのに…。

更に驚いたのはそのお母さんが赤ちゃんに英語を聞かせて早期教育をしていると話されていたのです。

どちらも言葉のチョイスが少し違っていて大した意味はないのかもしれません。

ただ気をつけたいのは、子どもは幼少期は特に親の考えや思想をそのまま信じて受け止めてしまうという事です。そして子どもの頃に身につけた考えを変えるには相当の時間や経験が必要になります。

せっかくグローバル化には欠かせない英語に親しむ環境を子どもに作ってあげていても、国際感覚に逆行するような考えを身につけさせてしまったら必ず将来歪みが出て来てしまいます。

これ以上書くと私自身も正解が分かっていないのに私個人の意見の押し付けになりかねないので今日はこれだけにします。

皆さんのお子さんやご家族がこんな言葉を口にされた時どんなお話をされますか??

そんなことを考えたり話したりする場所にもBabyBloomがなれたら嬉しいです。

さあ土曜日はキッズ英語スタートです🎉🎉🎉
常設という事でじっくり時間をかけて色々なテーマに取り組んでいきたいと思います!
今月は簡単な自己紹介フレーズからスタートします✨